slackでの連絡は直接口頭でのやり取りが面倒くさいからじゃないよという話

slackでの連絡は短期的なメリットと長期的なメリットそれぞれ1つずつある。

短期的なメリットはこれが口頭でのやり取りではなく非同期式コミュニケーションであることで、 特にコンテキストスイッチのコストが非常に大きいプログラミング作業中のエンジニアにとって非常に便利である。

長期的なメリットは単純ながら記録が残ることで、年単位で務めると威力を発揮しやすい。 一方でDirectMessageによるやりとりは検索に素直に出てくれないので困る。 slack開発元には可視性がPublicのDMを実装してほしい。